美容皮膚科でニキビ治療

美容皮膚科で取り入れているニキビ治療の方法の一つに、炭酸ガスレーザーを用いた施術があります。これは、ニキビだけではなく、ほくろやいぼが気になるという人にもおすすめの治療法です。

炭酸ガスレーザーとは、遠赤外線領域にある波長の気体レーザーで、皮膚の中に含まれる水分に吸収される物質を用いたレーザー治療です。これにより、皮膚全体ではなく患部を限局的に蒸散させることが可能なため、ほとんど出血することなく安全にほくろやいぼ、ニキビのコメドなどを除去することが可能です。また、この治療が選ばれるもう一つの利点が傷跡が残りにくいことです

顔

実際の施術の際は、美容皮膚科の皮膚科医が患部を確認したのち、その必要性に応じて局所麻酔や麻酔クリームを用いて施術を行うため、傷みも最小限に抑えることが可能です。そうして麻酔を施したのち、炭酸ガスレーザーで患部を蒸散します。これにかかる時間は5~10分と短く、体への負担も少なくて済みます。施術の後1~2週間ほどで皮膚が再生し、上皮化します。そのため暫くは患部への直接的な刺激に注意する必要がありますが、施術当日から洗顔や入浴をすることも可能で、大きく生活を変えることはなく治療することができます。

Pocket

多くの人が悩む肌トラブル、ニキビについて

ニキビを治す多くの人が悩む肌トラブルの一つにニキビに関するものが多くあります。ニキビは年代問わず、思春期にできやすいものや大人ニキビと言われるものと、原因やその症状に合わせて治療法も異なります。

ニキビは、何らかの原因で肌のバリア機能が低下してしまうことで、肌への刺激がダイレクトに伝わる様になり、その結果毛穴の周りに角質が増えてしまうことからできやすくなります。この角質が毛穴を塞いでしまい、通常であればきちんと排出される皮脂が毛穴の中に溜まってしまい、その皮脂の中でニキビの原因とされるアクネ菌が増殖してしまいます。これが肌にぽつりと赤くできる赤ニキビの原因です。このアクネ菌が皮脂を分解したり、白血球がアクネ菌を攻撃するための物質が更に皮膚を刺激し、黄ニキビや紫ニキビへとつながります。

そのため、ニキビの治療はこの考えられる原因すべてにきちんと対処することが大切です。患部に塗り薬を塗布するだけではなく、乾燥により過剰に発生しやすくなる皮脂を保湿することで防いだり、できるだけ肌に刺激を与えすぎないように洗顔の際力加減に注意し、紫外線などへの対策も行うことで肌への刺激を軽減でき、結果として角質が厚くなることを防ぐことが可能です

Pocket

美容皮膚科でできること

ドクター昨今、多くのメディアで取り上げられる美に関するさまざまな情報の中で、美容皮膚科の存在も少しずつ知られるようになりました。これは、女性の美肌に対する意識が高まっていることも理由の一つですが、少しずつ発展を見せる美容医療分野の治療の効果が広く知られるようになったことも要因の一つです。

例えば、しみに悩む人が美容皮膚科を利用した場合、何故できたのか、それがどのようなタイプのものか、治療法は、など様々な観点から皮膚のエキスパートとして治療の案を組み立てます。これは皮膚科ならではの深い知識があってこそ成せるものです。そして、通院する一時的なものではなく、改善した肌の良い状態を保つためにどうすればよいかなど、その後のケアについても皮膚の専門医として的確なアドバイスを貰えることも、美容皮膚科ならではの対応です。

このように年齢とともに増える肌トラブルや悩みに皮膚の専門医が美容という観点から解消できるのが美容皮膚科の最大の利点とも言えます。増える肌トラブルや悩みは、先程例に挙げたしみだけではなく、しわやくすみ、またニキビなどに対しても、皮膚科医ならではの治療を受けることができます。そして、その治療の後のケアについてもきちんと指導を受けられるのです。エステサロンで受ける施術よりもより専門知識が活きた治療プランで悩みの根本を医療施術により解消し、皮膚科で受ける治療よりも美しさを保つという観点に特化してその後のケアや普段の生活へのアドバイスも受けられる美容皮膚科は、まさに現代のニーズに合致して進化した医療分野の一つです。

Pocket