美容皮膚科でニキビ治療

美容皮膚科で取り入れているニキビ治療の方法の一つに、炭酸ガスレーザーを用いた施術があります。これは、ニキビだけではなく、ほくろやいぼが気になるという人にもおすすめの治療法です。

ニキビ治療について
画像引用元 《大阪美容皮膚科MAME》

炭酸ガスレーザーとは、遠赤外線領域にある波長の気体レーザーで、皮膚の中に含まれる水分に吸収される物質を用いたレーザー治療です。これにより、皮膚全体ではなく患部を限局的に蒸散させることが可能なため、ほとんど出血することなく安全にほくろやいぼ、ニキビのコメドなどを除去することが可能です。また、この治療が選ばれるもう一つの利点が傷跡が残りにくいことです。

実際の施術の際は、美容皮膚科の皮膚科医が患部を確認したのち、その必要性に応じて局所麻酔や麻酔クリームを用いて施術を行うため、傷みも最小限に抑えることが可能です。そうして麻酔を施したのち、炭酸ガスレーザーで患部を蒸散します。これにかかる時間は5~10分と短く、体への負担も少なくて済みます。施術の後1~2週間ほどで皮膚が再生し、上皮化します。そのため暫くは患部への直接的な刺激に注意する必要がありますが、施術当日から洗顔や入浴をすることも可能で、大きく生活を変えることはなく治療することができます。

Pocket